人生の大きな出費についてファイナンシャルプランナーとして考えてみました.

 
私たちが生活していく中で、人生の中で数多くの大きな出費が目の前に現れます。
その大きな出費とは、住宅購入資金、老後資金、出産資金、教育費用です。
これらは、一生に一度以上、必ずやってくるといっても過言ではありません。
今回は、これらの大きな出費について詳しく見ていきたいと思います。
 
住宅資金は、一生に一度の大きな出費となります。
家を所有することは、家賃を払うことよりも長期的に見て賢明な判断となるためです。
また、住宅を持つことで、これまでにより好きなように自由自在に生活できるといった点も大きな魅力となります。
住宅購入には、資金計画が重要です。
収入を増やす、頭金を多く用意する、リフォーム等、さまざまな手法があります。
しかし、住宅を持つことは、借金を抱えることも意味するため、長期的な視野で金銭計画を行う必要があります。
現在の長期金利は0.5%を切っています。
これはどのような意味をなすのでしょうか?
正直国がほぼ無料でお金を貸してくれているようなものです。
よく金利だけを計算して切り取り提示する人がいますがこれは意味がありません。
毎月の支払額を計算する必要があります。
一般的に言えば手取り額の1/3以下にすると余裕があるでしょう。
23区で住宅を購入することを考えると5000万円程度はかかります。
文京区の場合のファミリーの物件のボリュームゾーンは6000〜9000万円くらいと言われています。いわゆる最多価格帯です。
5000万円で0.5%の金利で借入れ、35年の融資を引くとしたら月返済額は129792円となります。約13万円です。
事業主や社長は、法人または代表者か個人名義の賃貸契約をすることで社宅にすることができ、額面の半額を経費参入することができます。
節税の点からから考えるとこのような方法も大変有効です。

 

 
老後資金について

平均の老後生活費22万円              ゆとりある老後生活費 34.9万円
   

 

今若者にとって大きな問題となっています。国内の少子高齢化が進行し、現在の社会保障制度はすでに崩壊したとしても過言ではありません。
これからの長い人生に渡り、老後生活を行う資金が十分に必要です。
頼れる貯蓄や金融商品による運用、株や不動産等の投資、ライフプランを作るなど、老後資金の確保には長期的な計画が不可欠です。
一般的には2000万円の老後資金を作った方が良い、と言われています。
仮に25歳の誕生日月から60歳まで貯金をするとして35年間毎月貯金をするとしたらいくら貯金が必要になるか考えたことがありますか?月に積み立てなければならない金額は47619円となります。
仮に80歳でなくなるとして60〜80歳までの20年を2000万円消費するとすると年間100万円しか使えません。
月額83333円です。
ワンルームの家賃程度しかありませんから、やはりそれまでに何かしら毎月の収益を確保しておく必要があります。
他に厚生年金も積み立てているかと思います。合わせて余裕のある資金を貯めておく必要があります。
 
出産資金について
子どもを授かる前に用意する必要があります。
出産には、医療費や生活費などが必要です。加えて、子育てのために、託児所や子供関連の用品、新しい家などが必要になるため、どれだけ資金が必要かしっかりと予算を立てる必要があります。
また、出産予定日が近づいたら、緊急の医療事態に備えて、出産費用を準備することが必要です。
具体的な費用として42万円は国が負担してくれます。
ですがトータルで個室ではない相部屋でも100万円はかかります。
東京での出産はその位の金額は見ておいた方がよいようです。
 
教育費用について
今後ますます増えることが予想されます。
子どもが大学に進学することを考えた場合、多くの家庭で学費の支払いが必要となります。
学費や生活費、入学前の費用、アルバイトの有無など、全てを含めて長期的な予算が必要です。
学資保険や貯蓄することで、計画的に教育費用を準備することができます。
具体的には幼稚園から大学までオール公立で1000万円
オール私立の場合2550万円と言われています。
自身の老後資金よりも子供の方がお金がかかる、とも言えます。
まとめ
住宅購入資金 6000万円
老後資金 2000万円
出産資金 0円
教育費用 子供2人の場合2000万円
東京で子供2人の世帯で考えると合計1億円かかる、ということになります。
最後まで読んでいただいた方にせっかくなのでお金の貯まる方法をプレゼント致します。
住宅購入資金について
自身の住宅は後回しにして、賃貸併用住宅や収益物件を買うことで自身の家賃を無料にすることができます。
また、収益物件の中に住むことでも家賃を大幅に安くすることができます。

 

住宅を買うケースも安い築古の再建築不可物件を買うことで大幅に住居費を下げることができます。例えば現在池袋で新築戸建を買うと8000万円程度はするでしょう。
ですが再建築不可物件の同エリアであれば2000万円を切ります。
適切なリフォームを行えば長期で建物を維持することも可能です。
木造はリフォームでなんとでもなる、と尊敬する大工さんがおっしゃっていました。
資産家の方や資産を自ら築いた人のケースを見るとほぼ今伝えた内容に当てはまります。
もしくは文中の社宅の家賃を経費計上しているケース。
こちらは事業主、いわゆる社長はそのようにしているケースが多いです。
老後資金も収益物件を持つこと
投資→株や不動産収入を得ることと長期で投資を行うことで2000万円は貯めることができるでしょう。
貯めるというより投資することを常に考えておく必要があります。
ただし株は誰かが勝てば、誰かが負けるゼロサムゲームではありませんが、機関投資家と同じ土俵での戦いになります。
投資の種銭(不動産初期投資や頭金)のため方については
自身に能力がある方は能力を活かすこと

能力とは、例えば運転をすること、体格や体力で優れる、医療に関する技術(医師、薬剤師、看護師等)、他人の真似できない手先の器用さ、リフォームができること、パソコンのプログラミング、上がる株が予測できること、話が上手にできるなどなど他の人にはない能力がある方は活かしましょう。
他人が取れないリスクをとること
どちらもできない方は他人の3倍働くことです。労働収入を得ることが一番早いと思います。
重要な人生の大きな出費ですが、計画をたてて、しっかりと準備することで、豊かな楽しい人生を送りましょう。

参考文献
本多静六 私の財産告白

営業社員、フルコミ社員募集

投資物件をお探しの方へ

弊社の投資物件Twitter

物件が売れなくて困っている売主様へ

空き家を放置されているオーナー様へ

仲介業者様、不動産業者様へ

投資物件情報LINE

As a financial planner, I thought about the big expenses in life.

As we go through life, many big expenses appear in front of us.
The big expenses are housing purchase funds, retirement funds, childbirth funds, and educational expenses.
It is no exaggeration to say that these events will come at least once in a lifetime.
Let’s take a closer look at these big expenses.

A home loan is one of the biggest expenses you will make in your lifetime.
Owning a home is a smarter decision in the long run than paying rent.
Also, by owning a house, the point that you can live freely as you like is also a big attraction.
Financial planning is important when buying a home.
There are various methods such as increasing income, preparing a large down payment, and reforming.
However, owning a house also means having debt, so you need to plan your finances with a long-term perspective.
Current long-term interest rates are below 0.5%.
What does this mean?
To be honest, it’s almost like the country is lending money for free.
There are people who often calculate only the interest rate and present it cut off, but this is meaningless.
I need to calculate monthly payments.
Generally speaking, you should be able to afford 1/3 or less of your take-home pay.
If you consider buying a house in the 23 wards, it will cost about 50 million yen.
In the case of Bunkyo Ward, the volume zone for family properties is said to be around 60-90 million yen. This is the so-called maximum price range.
If you borrow 50 million yen at an interest rate of 0.5% and take out a 35-year loan, the monthly repayment amount will be 129,792 yen. It is about 130,000 yen.
Business owners and presidents can make company housing by making a rental contract in the name of a corporation, representative, or individual, and can enter half of the face value as expenses.
From the point of view of tax saving, this method is also very effective.

About retirement funds
It is a big problem for young people today.
It would not be an exaggeration to say that the current social security system has already collapsed due to the declining birthrate and aging population in Japan.
You need enough money to support your retirement life for the rest of your life.
A long-term plan is essential to secure retirement funds, such as reliable savings and financial product management, stock and real estate investment, and life planning.
In general, it is said that it is better to make a retirement fund of 20 million yen.
If you start saving from your 25th birthday month until you turn 60, have you ever wondered how much you would need to save every month for 35 years? The amount that must be accumulated in a month is 47,619 yen.
Assuming that you will die before you reach the age of 80, if you spend 20 million yen for 20 years from 60 to 80, you will only be able to spend 1 million yen per year.
It is 83333 yen per month.
Since it is only about the rent of one room, it is necessary to secure some monthly income by then.
I think I’m also saving up for welfare pension. You should also have enough money saved.

About birth funds
It is necessary to prepare before giving birth to a child.
Childbirth requires medical expenses and living expenses. On top of that, you’ll also need to budget for things like daycare, child-related supplies, and a new home to support your child.
Also, as your due date approaches, you should prepare for the cost of delivery in case of an emergency medical situation.
The government will bear the specific cost of 420,000 yen.
As a result, based on my experience, there were almost no costs incurred by individuals.
It was the moment when I thought that Japan might be a surprisingly good country.

About educational expenses
It is expected that the number will increase in the future.
Many families have to pay school fees when their children want to go to college.
A long-term budget is required that includes everything from tuition and living expenses, pre-enrollment expenses, and whether or not you have a part-time job.
You can prepare for your education expenses in a planned manner by using educational endowment insurance and savings.
Specifically, 10 million yen for all public schools from kindergarten to university
In the case of all private schools, it is said to be 25.5 million yen.
It can be said that children cost more money than their own old age funds.

summary
House purchase fund: 60 million yen
Retirement fund: 20 million yen
Childbirth funds: 0 yen
Educational expenses: 20 million yen for 2 children
Considering a household with two children in Tokyo, it will cost a total of 100 million yen.

For those who have read to the end, I will give you a way to save money.

About home purchase funds
You can put your own housing on the backburner and buy rental housing or profitable properties to make your own rent free.
You can also save a lot of money on rent by living in a profitable property.
In the case of buying a house, you can significantly reduce housing costs by buying a cheap old property that cannot be rebuilt. For example, if you buy a new detached house in Ikebukuro now, it will cost about 80 million yen.
However, if it is the same area of the property that cannot be rebuilt, it will be less than 20 million yen.
With proper renovation, it is possible to maintain the building for a long time.
A respected carpenter said that wooden construction can be remodeled.

If you look at the cases of wealthy people and people who have built their own assets, it almost applies to what I just told you.
Or the case where the rent of the company housing in the sentence is recorded as an expense.
This is often the case with business owners, so-called presidents.

Having a profitable property for retirement funds
Investment → You will be able to save 20 million yen by earning stocks and real estate income and investing in the long term.
You should always think of investing rather than saving.
However, stocks are not a zero-sum game where if someone wins, someone else loses, but they are in the same arena as institutional investors.

If you have the ability to save money for investment (initial real estate investment and down payment), make use of your ability.
Skills include, for example, driving, medical skills (doctors, pharmacists, nurses, etc.), manual dexterity that cannot be imitated by others, being able to do renovations, computer programming, being able to predict rising stock prices, and being a good talker. can

to take risks that others cannot take

If you can’t do either, you should work three times as hard as others. I think it’s the fastest way to get a working income.

It’s a big expense in an important life, but by planning and preparing well, you can live a rich and enjoyable life.

作为财务规划师,我考虑过生活中的大笔开支。

在我们的一生中,许多大笔开支出现在我们面前。
大笔开支是购房资金、退休资金、生育资金和教育费用。
毫不夸张地说,这些事件一生中至少会发生一次。
让我们仔细看看这些大笔开支。

房屋贷款是您一生中最大的开支之一。
从长远来看,拥有一套房子比支付租金更明智。
另外,拥有房屋,可以自由自在地生活也是一大魅力。
买房时,财务规划很重要。
有增加收入、准备大笔首付、改造等多种方法。
然而,拥有房子也意味着有债务,因此您需要以长远的眼光来规划您的财务。
目前的长期利率低于 0.5%。
这是什么意思?
说实话,这几乎就像国家在免费借钱一样。
有些人经常只计算利率并将其截断,但这是没有意义的。
我需要计算每月付款。
一般来说,您应该能够负担得起您实得工资的 1/3 或更少。
如果考虑在23区买房的话,大概需要5000万日元左右。
就文京区而言,据说家庭财产的成交量区约为 60-90 百万日元。 这就是所谓的最大价格范围。
如果以0.5%的利率借入5000万日元,并借出35年的贷款,每月还款额为129,792日元。 约13万日元。
企业主和总裁可以通过以法人、代表或个人名义签订租赁合同来建造公司住房,并可以将面值的一半作为费用。
从节税的角度来看,这种方法也很有效。

关于退休基金
这对今天的年轻人来说是个大问题。
可以毫不夸张地说,日本目前的社会保障体系已经因少子老龄化而崩溃。
您需要足够的钱来维持您余生的退休生活。
长期计划对于确保退休基金至关重要,例如可靠的储蓄和金融产品管理、股票和房地产投资以及人生规划。
总的来说,据说做个2000万日元的退休基金比较好。
如果您从 25 岁生日月份开始储蓄直到 60 岁,您是否想过在 35 年中每个月需要储蓄多少? 一个月必须累积的金额为 47,619 日元。
假设你在80岁之前就会死去,如果你从60岁到80岁的20年里花费2000万日元,那么你每年只能花费100万日元。
每月83333日元。
由于只是一间房的房租,到时候保证一些月收入是很有必要的。
我想我也在为福利养老金存钱。 你也应该存够钱。

关于生育基金
生孩子前需要做好准备。
生孩子需要医疗费和生活费。 最重要的是,您还需要为日托、儿童相关用品和供养孩子的新家等做预算。
此外,随着预产期的临近,您应该为紧急医疗情况下的分娩费用做好准备。
政府将承担具体费用42万日元。
结果,根据我的经验,个人几乎没有发生任何费用。
那一刻我想到日本可能是一个出奇的好国家。

关于教育费
预计未来人数还会增加。
当孩子想上大学时,许多家庭必须支付学费。
需要一份长期预算,包括学费和生活费、入学前费用以及您是否有兼职工作。
通过教育养老保险和储蓄,您可以有计划地准备您的教育费用。
具体来说,从幼儿园到大学的所有公立学校1000万日元
就所有私立学校而言,据说是2550万日元。
可以说,孩子花的钱比自己的养老金还多。

概括
购房资金:6000万日元
退休基金:2000万日元
分娩基金:0日元
教育费:2个孩子2000万日元
考虑到东京一个有两个孩子的家庭,总共要花费一亿日元。

给读到最后的小伙伴,给大家一个省钱的方法。

关于购房资金
您可以将自己的住房搁置一旁,购买出租房屋或有利可图的房产,从而免收自己的租金。
住在有利可图的房产中,您还可以节省大量租金。
在买房子的情况下,您可以通过购买廉价的无法重建的旧房产来显着降低住房成本。 比如现在在池袋买一套新的独立屋,大概要8000万日元左右。
但如果是不能重建的同面积房产,则不到2000万日元。
通过适当的翻新,可以使建筑物长期维护。
一位受人尊敬的木匠说,木结构可以改造。

如果你看看富人和建立自己资产的人的案例,它几乎适用于我刚才告诉你的。
或者句子中公司房屋租金记为费用的情况。
企业主(即所谓的总裁)通常就是这种情况。

为退休基金拥有有利可图的财产
投资 → 通过赚取股票和不动产的收入,进行长期投资,您将能够节省 2000 万日元。
您应该始终考虑投资而不是储蓄。
但是,股票不是有人赢就有人输的零和游戏,而是和机构投资者在同一个竞技场。

如果您有能力存钱用于投资(最初的房地产投资和首付),请发挥您的能力。
技能包括,例如,驾驶、医疗技能(医生、药剂师、护士等)、其他人无法模仿的灵巧手巧、能够进行装修、计算机编程、能够预测上涨的股票价格,以及成为健谈。可以

承担别人不能承担的风险

如果你两者都做不到,你应该比别人努力三倍。 我认为这是获得工作收入的最快方式。

在重要的生活中这是一笔很大的开支,但通过精心计划和准备,您可以过上丰富而愉快的生活。